© 2019 by forestudio, JAPAN 

設計プロジェクトマネジメント論2017

 

 

主題:

​ 設計・工事監理実務経験(インターシップ)の事後・事前学習として、設計プロジェクトマネジメントに関する設計技術を習得する。集合住宅、病院、福祉施設等の設計の具体的な事例分析を通して、プロジェクトマネジメント、設計企画、LCC、施設コスト管理、社会性、道徳・倫理などの設計要件について習得する。

予定:

12/1金 午後13時から18時 ガイダンスと講義(4コマ) 衛藤+森  

12/8金 見学会(4コマ) 竹原

12/22金 見学会(4コマ) 衛藤

1/12金 ディベイト(3コマ)

レポート1:「竹原見学」

見学の内容をレポートA4・1枚程度にまとめる。

なお、レポートは冊子にして、見学先の方にお渡しします。

(1)見学で気づいたこと(400字)

(2)これからの取り組むべきこと(400字)

(3)そして感想(200字)、および写真。

レポート2:「衛藤見学」

見学の内容をレポートA4・1枚程度にまとめる。

なお、レポートは冊子にして、見学先の方にお渡しします。

(1)見学で気づいたこと(400字)

(2)これからの取り組むべきこと(400字)

(3)そして感想(200字)、および写真。

レポート3:「ディベイト感想」

(1)感想(200字)。

 

ディベイト(3コマ)

(1)タイトル「これからの福祉施設。木造か非木造か」

(2)主張担当:受講生6名

(3)開始時間終了時間:17時ー19時

(4)進行案

進行・趣旨説明:森5分

キーノート1:衛藤先生10分「この問題をどう考え、実行してきたか」

キーノート2:竹原先生10分「この問題をどう考え、実行してきたか」

主張1(木造):10分

主張2(非木造):10分

反論1:5分

反論2:5分

ジャッッからの質問と回答1:10分

ジャッッからの質問と回答2:10分

会場からの質問と回答1:5分

会場からの質問と回答2:5分

再主張1:5分

再主張2:5分

ジャッッジ(協議)10分

発表兼表彰兼講評(衛藤、竹原):10分

以上、115分