居住福祉計画特論2020

 

 

*レポート提出は、課題提出のボタンから

*ファイル名は以下の通り。

 学籍番号_氏名_レポート1(もしくは2、3、4、5)

連続講義「居住福祉計画」木曜3限(13時20分-15時)

5/14木(1)森:居住福祉環境デザインの背景とフレーム、リバビリティ

5/21木(2)レポート1発表

5/28木(3)「高齢者や障害者に向けた環境改善その1:住宅改修」:上田哲也先生(大阪府大)

6/4木(4)レポート2-1発表

6/11木(5)「高齢者や障害者に向けた環境改善その2:施設改修」:加藤悠介先生(金城学院大学)

6/18木(6)レポート2-2発表

6/25木(7)「高齢者や障害者に向けた環境改善その3:近隣改修」:杉山正晃(大阪市大)

7/2木(8)レポート2-3発表

7/9木(9)レポート4発表会

 

【参加者】

学部1回生他

大学院居住福祉計画受講生

市大(森研究室他)OBOG

他一般申込者

20名程度

レポート1:

「人口高齢化を乗り越える視点〜厚生労働白書2016より」

http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16/dl/all.pdf

以下について、厚労白書他のデータを活用して、パワポ・4枚程度にまとめ、pdfで提出。

(1)人口高齢化問題の中で注目する(切り取った)社会課題とその注目理由

(2)社会課題の内容と要因と将来

(3)そのための解決策

(4)まとめと感想

レポート2:

高齢者や障害者に向けた環境改善」

5/28木(3)「その1:住宅改修」:上田哲也先生(大阪府大)

6/11木(5)「その2:施設改修」:加藤悠介先生(金城学院大学)

6/25木(7)「その3:近隣改修」:杉山正晃(大阪市大)

連続講義3回それぞれについて、レポートで以下の内容をレポートA4・1枚程度にまとめる。

なお、レポートは冊子にして、この方々(小山さん、加藤さん、岸本さん)にお渡しします。

(1)講義で気づいたこと(400字)

(2)これからの取り組むべきこと(400字)

(3)そして感想(200字)、および写真(撮影したパワポや会場)。

レポート3:

「泉北事例見学レポート 〜 時代順に高齢者施設を巡る」

泉北事例見学で以下の内容をレポートA4・1枚程度にまとめる。

なお、レポートは冊子にして、見学先の方(雪本さん)にお渡しします。

(1)見学で気づいたこと(400字)

(2)これからの取り組むべきこと(400字)

(3)そして感想(200字)、および写真。

レポート4:

「地域の福祉転用〜これからの住環境と施設のあり方」

 以下について、A4・6枚程度にまとめる。

(1)困っている人(年齢・性別・家族・生活・思いとサポートニーズ)

(2)思いとサポートニーズを支えるサービス

(3)住環境や施設の計画

(4)イメージ図

(5)参考文献

(6)パワーポイント6枚

レポート5:

「集住の福祉リノベーション」

地域の集合住宅の現状と課題を調べ、次の時代に向けた福祉リノベーションを提案する。

以下について、A4・6枚程度にまとめる。

(1)対象の集合住宅のある地域概要(土地利用、人口密度、人口構成)

(2)対象の集合住宅の概要(外観、平面図、基本情報)

(3)集合住宅の福祉リノベーション計画

(4)イメージ図

(5)参考文献

(6)パワーポイント6枚

資料:

(1)認知症ケア環境

(2)福祉転用_住宅と施設のマネジメント

​(3)福祉転用パワーポイント

 

 
 

© 2019 by forestudio, JAPAN