© 2019 by forestudio, JAPAN 

福祉環境デザイン研究

卒業設計研究/修士設計研究

 

(1)概要:社会課題を設定し、その解決にむけてプロジェクトをデザインし、その有効性を検証する。具体的には、実際の地域や施設において、調査やヒアリングをもとに企画・設計し 、そのプロセスおよびデザイン提案(もしくはイベント実施)についてステークホルダー評価を受け、その結果について考察する。

 

(2)提出物:論文(梗概4〜6頁+本文100頁程度)+デザイン(パネルA1・5枚+模型)+パワーポイント20枚+A4チラシ裏表

(3)活動:

   週3日(1限−5限)はバイトを入れない。研究室で研究作業。

   第1金曜:全体ゼミ(A4レジメ)

   第2〜4金曜:グループゼミ(A4レジメ) 

   随時:文献ゼミ

   随時:個別ゼミ(A4レジメ他)

 

(4)全体ゼミ提出資料:

       1活動報告

       2予定

(5)グループゼミ:

       1タイトル:30字

       2サマリー:250字

       3梗概論文:A4・4〜6ページ

       4パワポイント・シート(パワポ12枚をA4・2枚にまとめ)

 

(6)文献ゼミ提出資料:

       1要旨:250字

       2質問:3点

       3回答:3点(担当者)

(7)個別ゼミ提出資料 :

       1タイトル:30字

       2サマリー:250字

       3梗概論文:A4・4〜6ページ

       4パワポイント・シート(パワポ12枚をA4・2枚にまとめ)

       5本論目次:

       6図面:A1・5枚(デザイン提案もしくは事例)

       7他必要な資料:アンケート用紙、調査計画、調査データ、分析結果など

(8)デザインプロセス:

  4月①テーマ設定と見学:各A4・1頁

  5月②敷地選定:A4・2頁以上(歴史、文化、人口、施設、課題、地図)

  6月③敷地調査:ヒアリング(日常生活調査):A4・2頁以上

  7月④コンセプト設計:デザイン(パネルA1・2枚+模型)

  10月⑤地域発表会1:デザイン(パネルA1・2枚+模型)+パワーポイント10枚

  10月(発表と交流:上海同済大)

  11月⑥設計作業:デザイン(パネルA1・5枚+模型)

  12月⑦地域発表会2:デザイン(パネルA1・5枚+模型)+パワーポイント20枚

  1月⑧設計研究まとめ:論文(梗概4頁+本文30頁程度)+デザイン(パネルA1・5枚+模型)+パワーポイント20枚+A4チラシ裏表

 

(9)論文発表:

  1建築学会近畿支部:A4・4枚、3月中旬締切、6月発表会(大阪)

  2建築学会全国大会:A4・2枚、4月初め締切、9月発表会(全国各地)

  3認知症ケア学会全国大会:A0・1枚、12月末締切、6月発表会(全国各地)

  4日本建築学会地域施設計画シンポジウム:A4・6-10枚、1月登録、3月締切、7月発表会(東京)

  5日本建築学会論文集:A4・6-10枚、毎月10日締切

  6EDRA(国際環境デザイン学会)

  7IAPS(国際人間空間学会)

(10)最終セミ提出資料について (不十分な場合、再提出)

  概要論文の構成:10ページ程度(0)〜(9)にまとめてください。

 (0)活動報告:前記の活動リストと今後の予定

 (1)立論(研究題目とサマリー):研究背景と目的と結な果(400字程度)

   ・今、〇〇において・・・・・・が社会問題となっている。<文献より(研究枠組)

   ・〇〇によれば、・・・・・・・・・であると述べている。<文献より(価値1)

   ・また、〇〇は、・・・・・・であることを指摘している。<文献より(価値2)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・このことから、私は・・・・ことが重要であると考える。<ねらい(使命)

   (以上で様々な価値と課題の関係を整理する。リアルな議論の条件整理。)

   ・よって、本研究では、・・・・・・・ことを目的とする。<研究目的

   ・具体的には、・・・・・を実行し、・・・・・・を調査する。<アクションと評価

   ・その結果、・・・・・・・・・・・・を明らかにする。<検証仮説

 (2)プロジェクトの流れ(歴史的経緯)

 (3)デザインとアクションと運営

 (4)調査項目と方法

 (5)分析結果

 (6)まとめ

 (7)調査資料:アンケート用紙など

 (8)参考論文リスト:

 (9)パワポイント・シート(パワポ12枚をA4・2枚にまとめ)

 

(11)論文細項目

 (1)立論:研究題目とサマリー(研究背景・目的・調査・分析・結果(400字程度))

    検証仮説:

   (例)〇〇の〇〇は、〇〇によって〇〇のターゲット行動のステージアップ効果が生じる。

    調査項目:属性、意識、活動・行動、場所

    分析と結果:

    ①ターゲット行動:健康行動、屋外行動、共助行動、音楽行動、緑活動、お風呂行動、お参り行動など現代生活で忘れがちな振舞いや文化

    ②ターゲット行動の意味と価値

    ③ターゲット行動を促す仕組みや場所・セッティング

    ④それを実現するアクションと事業。

 

 (2)プロジェクトの流れ

    対象とする事業(プロジェクト)の枠組みや内容

    史的背景や今までの流れ

 

 (3)デザインとアクションと運営

    関連するデザイン事例

    デザインのコンセプトとスタディ

    空間構成と行動セッティング

    動プログラムと場面

 

 (4)調査

    手順:予備調査1>予備調整2>本調査>追加調査

    予備調査1。注目ケースヒアリング(調査票1。意識と活動状況)>調査票2暫定版

    予備調査2。3〜5ケースヒアリング(調査票の調整)>調査票2確定

    本調査。アンケート調査(30名〜100名)

    追加調査。

    サンプルと指標

    【サンプル】利用者、サービス提供者、家族、近隣

    【指標】属性:年齢、性別、職種、役割、

        意識:認識課題、改善案

        活動・行動:活動量、行動内容、時間 、

        >>ターゲット行動(健康行動、屋外行動、共助行動、音楽行動、緑活動、お風呂行動、お参り行動)

        >>現代生活で忘れがちな振舞いとそのセッティング。

        場所:時間、場所

    (例1)福祉転用現場セミナーアンケート

        ・対象:人、施設

        ・項目:福祉転用に関する理解と関心、福祉転用事業のメリットと課題、福祉転用事業の準備や技術・知識、福祉転用現場セミナーの参加意思。

    (例2)福祉拠点デザイン評価

        ・対象:利用者・家族、運営者、地域住民など

        ・項目:基本属性、地域ニーズ・課題、望ましい行動、実際の行動、その理由や課題。

 (5)結果(分析と考察)

    1)平均値と標準偏差

    2)クロス分析:結果と原因を絞り込む。ターゲット行動の導出(t検定)。因子・

    3)共分散分析

 (6)まとめ

 

 (7)調査資料:アンケート用紙など

    調査票1

    調査票2

 

 (8)参考論文リスト:

 

 (9)パワポイント・シート(パワポ12枚をA4・2枚にまとめ)