建築計画学(Architectural Planning)

 

建築計画基礎.jpg
計画演習2
計画演習3
>提出 計画演習2
>提出 計画演習3

​視点場selectionを参考に、見える場面、見ている場所を説明してください。

 

 

種別 講義

単位数 2

学年・学期 3回生・前期

 

科目内容: 

建築を計画する際の計画基礎と計画方法、さらにその事業化・管理に関わる企画について学ぶ。特に、建築計画では、従来の単一機能空間から計画する方法でなく、建築空間を人が活動する総合的な場所としてとらえ、各種の場所の計画とそれらの場所を構成する方法について学ぶ。

 

授業内容: 

授業では、理論的な解説と計画演習および事例解説、小テストを相互に組み合わせて、理解が深まるように進める。

 

日程:

講義は教科書を中心とする説明と計画課題(宿題)の発表・講評を相互に関係させて進める。 混合(遠隔+対面)で進める。

第1回(4/14)遠隔  ガイダンス/建築計画の役割+レポート課題0 説明:建築の社会性(4/20締切)

第2回(4/21)対面  レポート課題0 解説

第3回(4/28)遠隔  人間をとらえる+レポート課題A 説明:コミュニケーションの場所(5/11締切)

第4回(5/12)対面  小テスト1+レポート課題A 解説

第5回(5/19)遠隔  人間と環境+レポート課題B 説明:視点場(5/25締切)

第6回(5/26)対面  小テスト2+レポート課題B 解説

第7回(6/2)遠隔  人間の行動を知る+レポート課題C 説明:近隣資産(6/8締切)

第8回(6/9)対面  小テスト3+レポート課C 解説

第9回(6/16)遠隔  建築を計画する01+計画演習1:住宅階段の計画(6/22締切)

第10回(6/23)対面  小テスト4+計画演習1:解説

第11回(6/30)遠隔  建築を計画する02 計画演習2:住宅の改修(7/6締切)

第12回(7/7)対面  計画演習2:解説

第13回(7/14)遠隔  非常時の安全・安心 計画演習3:集合住宅の計画(7/20締切)

第14回(7/21)対面  計画演習3:解説

第15回(7/28)未定  定期試験:基礎的専門知識とプランニング能力を試験する。

評価方法                レポート+小テスト+定期試験                                    

教科書等             「 建築計画基礎」学芸出版、「コンパクト建築設計資料集成」丸善                                    

単位の条件           すべての課題提出、小テスト60点以上(不可の場合再提出)、期末試験60点以上、規定出席回数以上