© 2019 by forestudio, JAPAN 

ABOUT US / 自己紹介

 

 

森一彦_福祉環境デザイン研究室では「高齢者や障がい者、子どもをふくむ多様な人々が共に分かち合い安心で楽しく住み継ぐ福祉環境」の実現にむけたデザインマネジメントを進めています。現代社会において住宅から福祉施設、地域、都市までの広がりの中で営まれる日常生活を“いのち”の視点からとらえなおし、そこにある資源とニーズを探し出し再構成することで、新たな価値を創造します。加えてその過程を通して、その担い手(専門家)を育成します。

実際に居住環境に出かけ、利用者や住民、行政、専門家などのスケークホルダーと協働し、企画・設計・実施・運営・改善の継続的プロセスのデザイン・マネジメントを行います。特に、人の身体・生理・心理・行動を科学的に見つめて、客観的な手がかりで裏付けられたエビデンス・ベースト・デザイン(Evidence based Design)を目指しています。またインボルブドデザイニングやリアリティオリエンテーションなどのワークショップを通してステークホルダーとの合意形成・共通認識を計ります。

 
​研究生受入について

研究生を随時、受け入れています。受入可否は以下で検討します。

(1)志望理由(A4・2枚程度)
(2)成績表(出身大学)

(3)作品集

(4)推薦状(出身大学、指導教員)

 

 
Kazuhiko MORI / 森一彦
Professor and Director

 

大阪市立大学都市防災教育研究センター所長、大阪市立大学大学院生活科学研究科教授、博士(工学)、一級建築士

1956年岐阜県生まれ。1982年豊橋技術科学大学大学院建設工学専攻修了。1982年(株)山下設計。1986年豊橋技術科学大学建設工学系助手。1995年筑波技術短期大学デザイン学科助教授、その間(1997年)モントリオール大学研究員。1999年大阪市立大学大学院生活科学研究科助教授を経て同教授 。著書に「認知症ケア環境事典」2009年、「Aging in Place 超高齢社会の居住デザイン」2009年、「空き屋空きビルの福祉転用」2012年、「いのちを守る都市づくり〔アクション編〕みんなで備える広域複合災害」2013年、他多数。中部建築賞、日本認知症ケア学会石崎賞、日本都市住宅学会賞業績賞、大阪市立大学優秀教育賞、人間環境学会賞など。専門分野は、建築計画、福祉環境デザイン学。

Dr. of Engineering, Architect

Director of Center of Education and Research for Disaster Management

Professor of Architectural Planning & Wellbeing Environment Design, Faculty of Human Life Science, Osaka City University

Background:

1956, born in Gifu prefecture, Japan. 1982 finished master course of building engineering in Toyohashi University of Technology. 1982-1985, Yamashita Architects & Engineers. 1986-1994, Research Associate of Toyohashi University of Technology. 1995-1998, Assistant Professor of Tukuba college of Technology. ( 1997, Visiting Researcher of Montreal University ). 1999-2004, associate professor of Osaka City University. 2005-present, Professor of Osaka City University. Recent Publications are Encyclopedia of Care Environment for Dementia(2009), Aging In Place – Dwelling Design in Aged Society(2009), Conversion of Empty Houses & Buildings into Welfare Facilities(2012), Urban Community Design for Disaster Reduction, Action for Disaster Reduction(2013), etc. Major Awards are Tyubu Architectural Award for Touei Forestry Center(1992), Ishizaki Award, The Japanese Society for Dementia Care(2003), Encouraging prize, Man-Environment Research Association(2007), Achievement Award, Association of Urban Housing Sciences(2013), Excellent Education Award of Osaka City University(2014), etc.

 
Kazuhiko MORI / 森一彦
Founder and Principal

 

Makoto Nishiguchi / 西口 誠
Under Graduate Student

 

 

西口 誠

1995年、大阪府生まれ

 私は旅が好きで、これまで日本各地を訪ねてきました。旅をすることで、その土地の文化や歴史を実際に学ぶことができ、また、地形や気候、産業、生活様式やそれらの関係性について考えるきっかけを与えてくれます。旅を繰り返し行うことで、人の暮らしの多様さ、自由さに気付くことができるのです。

 私は建築・都市と人の暮らしの関係について興味があります。その関係に答えなどなく、これまで様々に変化してきました。では、これからの時代の人の暮らし、考え方、社会はどうあるべきでしょうか?そこから生まれてくる建築・都市の姿は?そのようなことを考えながら、私は新しい建築・都市のモデルについて研究していきたいと考えています。

 

Makoto Nishiguchi

1995, born in Osaka prefecture, Japan

 I like travel and have ever traveled all over Japan. Travel gives me knowledge of culture and history of an area. It also leads me to think about terrain, climate, industry, life-style, and their relation. It is possible for me to notice the diversity and the freedom of our lives.

 I’m interested in the relationship between architecture and urbanism and our lives. There are no responses in it, and it has changed variously. Then, what should our lives, our thought, the society be in the future. How does that create architecture and urbanism? I want to research on new model of architecture and urbanism while thinking about that.

 
Akie Eura・江浦章惠
Graduate Student

 

 

江浦章惠

大阪府出身。趣味は映画鑑賞や旅行です。私は空き家空きビルの福祉転用について関心を持っています。高齢者施設、子育て支援などのための福祉施設が不足している中、地域資源である空き家を福祉施設に転用し、利活用されることは、地域の再生に繋がると考えます。そのためにはこれまでに行われてきた事例を基に、福祉転用に向けたシステムの構築に向けての課題や問題点を見出し、そのあり方について研究していきたいと思います。

 

Akie Eura

 

I have an interest in conversion of empty house and building into welfare facility. While It is insufficient welfare facilities for the elderly facilities and child care support, diversion of empty houses, which are regional resources into welfare facilities and utilization will lead to regional revitalization. To that end, based on past cases, I would like to find problems for constructing a system for welfare diversion and study how to do it.

 

 
Liangxiaoyi/ 梁暁儀
Research Student

 

 

 

梁暁儀 リョウギョウギ

 1993年10月中国安徽省に生まれ

西安科技大学で環境デザインを勉強し、趣味は絵画、ゲームをすること,旅行が好きので、できれば将来いろんな国へ旅行をしたい。

 家族の原因で高齢者の生活状況に関心を持っている、高齢化社会に入り高齢者の需要增加に伴い、いまの居住環境の歩行空間、座席空間、庭園空間、道路設計などは高齢者の心理と行動にとってどうな影響があり、これについて分析し、高齢者に対し使いやすい空間を作ってほしい。

 

Liangxiaoyi

October 1993 Born in China Anhui province

I am studying environmental design at Xi'an Science University, my hobbies are painting, playing games and traveling, so I would like to travel the world in the future if possible.

 With the elderly becoming an aging society who is interested in the living conditions of the elderly due to their families, along with the increase in demand for the elderly, the walking space, seat space, garden space, road design and the like of the living environment presently are What is the impact on psychology and behavior, please analyze this and create a space that is easy for the elderly to use.

 

Momoka Nitao/ 仁田尾百花
Under Graduate Student
 

​仁田尾 百花

1995年兵庫県生まれ。趣味は歌うこととアクセサリー作り。

福祉環境の中でも特に認知症ケア環境に関心を持ち、この森研究室を希望しました。

私はかつて認知症の祖母と生活をし、介護の様子を間近で見てきました。その際、介護という直接的なものだけでなく、それを取り巻く環境を改善することで間接的にも補助ができるのではないかと考えました。ケア環境をつくるにあたって、実際にどのような課題がありどう対処していくべきかを学ばなければなりません。認知症であるその人だけでなく、彼らの周囲を支える人々にとっても良い空間とは何かを深く研究していきたいと思います。

 

1995, born in Hyogo prefecture, Japan.

I had an interest in wellbeing environment, especially dementia care environment, so I hoped to belong to Dr. Mori's laboratory.

I once lived with my grandmother who had dementia, and saw the care nearby. Then I thought that not only direct care but also improving the environment can help people indirectly. To create care environment, I should know the problems and find how to solve them. I want to study deep about good environment for people who have dementia and people who help them.

 

 
name / 浜田歩実
Graduate Student
 
Ayumi Hamada/ 浜田歩実
Graduate Student

 

 

近畿大学 建築学部卒業。

ライブや演劇などが好きです。学外では進学塾やCADの講師をしたり、ハンドメイドアクセサリーを販売したりしています。

 

街中の施設の福祉転用によって、地域と福祉施設の関わりにどんな変化が起こるのか、ということに興味があります。

地域や社会に溶け込む福祉環境を整え、「高齢になってもライフスタイルを変えずに過ごせる社会」を作り出すことが私の夢です。

 

Bachelor of Science in Architecturer March, 2017

Kindai University, Osaka, Japan

 

I have an interest in Conversion to Care facilities at downtown, and thereby what changes will happen to the relationship between the community and the welfare facility. I hope to prepare a wellbeing environment to blend into the community and society and to create a society where we can spend without changing the lifestyle even when we are older.

 
Mayuko Morita/ 森田真由子
Graduate Student

 

 

1994年、奈良生まれ大阪育ち。趣味は食べること、飲むこと、歩くこと。卒業設計研究では大阪市天王寺区の都市コミュニティに注目し、地域の歴史が蓄積された古墳という場所を活用保存すること、住む場所に縛られない新たなコミュニティを育むこと、を役割とする図書館を設計・提案しました。また、その調査の中で近鉄百貨店の縁活というコミュニティ活動に参加し、現在も活動を続けています。大学院ではより実践的に学び、コモンスペース、コミュニティ、ランドスケープの視点から地域の歴史の活用保存について研究・提案したいと思っています。

 

Born in 1994, Nara, rased in Osaka. My hobby is eating, drinking, and walking. As my diploma research and design, I was focus on the comunity in  the city, especially Tennoji-area, Osaka-city, designed the Library to utilize-preserve  the burial mound having long history and raise a new comunity not depends on living area.Furthermore, in that research, I belong to Enkatsu, a comunity program supported by Kintetsu department  store and still keep taking part in. In master course, I learn more practicaly, from the point of common space, comunity, and landscape,

I'd like to design about the way to utilize-preserve important local history.

 
Lu xu/路旭 
Research Student
Kosuke Tatsuta/ 龍田 幸祐
Graduate Student

 

 

路旭(ロ キョク)

ハルビン理工大学 機械デザイン学部卒業です 1991年 山東省で生まれ

日中両国の高齢者がだんだん上がって 高齢者の居住環境で、高齢者向けの福祉施設で老後の生活にとって上海で研究者が少なく、日本では、養護老人ホーム、介護老人福祉施設、老人デイサービスセンターな どの高齢者向けの福祉施設が存在している。中国の高齢者が居住する福祉施設で、高齢者 にとって便利性や安全性の高いバリアフリー居住環境デザインについて研究したいと思います。

 

lu xu

 

I am graduated from Harubin Engineering University mechanical design. I was born in 1991.

And I come from Shandong province. With the increasing of old people , the residential environment of elderly, welfare facilities for the elderly is less and less. However there are many facilities in Japan. want to research about the convenience and safety of high-barrier-free living environment design for elderly welfare facilities for the Chinese elder.

Chiaki Tsuda/津田 千晶
Graduate Student

 

 

 

 

龍田 幸祐

1994年3月、大阪生まれ大阪育ち。

趣味は野外フェスへの参加や、ライブハウスに足を運ぶ事です。

卒業論文では、「特別養護老人ホームにおける居住者の要介護度とモノの数・家具配置に関する研究」と題して、高齢者施設における居住者のプライバシーと職員による見守りの両方に配慮した居室空間の基礎的設計資料を作成しました。

現在は、有料老人ホームにおけるユニット連携ケアを施設内アクティビティを通して、より高質なものにするために施策を練っています。

 

Kosuke Tatsuta

 Born in March of 1994 and raised in Osaka.

 I really like to join outdoor music festival such as FUJI ROCK FESTIVAL and go to music club in order to see my favorite rock band.

 Studied about ‘‘Relationship of Residential Nursing Care Level, Figures of Personal Belongings and Arrangements of Furniture in Special Nursing Home for the Elderly’’ for obtaining basic documents of living environment considered about both privacy of residents and care by staff.

 Now studying about the way to make the Unit Care, established as a care living model for dementia, better one through researching activities of private residential home.

 

津田千晶

1994年、群馬県生まれ。趣味は寝ること、飛ぶこと、庭めぐり、たまに山登り。日本庭園や中国庭園、植樹や自然と関わる建築が好き。卒業設計研究では、「郊外住宅地の住み継ぎのためのリノベーション設計提案と評価」として、フットパスのなかで福祉環境を整え、温室を拠点とした緑と人のコミュニティを形成することで地域が内包する問題を解決しようとした。大学院では、植物や自然環境が人に及ぼす影響とそれを効果的に取り入れた空間について研究・設計していく。

 

 

Chiaki Tsuda

 

I was born in 1994, Gunma. My hobby is sleeping, flying, visitinggardens and climbing mountains. I like Japanese gardens and Chinese gardens andarchitect closely related to plants and nature. My graduation research, design was「Green Renovation in Suburban Residential Area」. I tried to solve local problem by arranging well-being in footpathand forming Green&Local community based in greenhouses.I’m going to study how the space including plants and nature influencehuman at graduate school. Afterthat I would like to design the place effectively include plants and nature.