© 2019 by forestudio, JAPAN 

Publish & Papers / 著書と論文

 

⑴団地の福祉転用マネジメント(リバビリティ)

 

 

⑵認知症ケア環境(ケアドコモン)

 

 
建築人間工学事典
1999

⑶教科書

 

 

⑷報告書

 

 

 

⑷報告書

 

 

⑸雑誌

 

【著書】

1) 「建築・都市計画のためのモデル分析の手法」、日本建築学会編、井上書院、1992

2) 「地域施設の計画—21世紀にむけた生活環境の創造」、日本建築学会編、丸善出版、1995

3) 「建築人間工学事典」日本建築学会編、彰国社、1999

4) 「認知症ケア環境事典」、建築学会編(編集代表:森一彦)、ワールドプランニング、2009

5) 「エイジング・イン・プレイスー超高齢社会の居住デザイン」、大阪市立大学大学院生活科学研究科×大和ハウス工業総合技術研究所編(編集代表:森一彦)、学芸出版、2009

6) 「生活空間の体験ワークブック」日本建築学会編、彰国者、2010

7) 「建築計画基礎」、吉村英祐・阿部浩和・武田雄二・北後明彦・森一彦、学芸出版、2010

8) 「いのちを守る都市づくり【課題編】東日本大震災からみえてきたもの」、大阪市立大学都市防災研究グループ編(森一彦・加藤司・重松孝昌(編集代表))、大阪公立大学共同出版会、201203

9) 「空き家・空きビルの福祉転用 — 地域資源のコンバージョン」、日本建築学会編(森一彦(編集代表))、学芸出版、201209

10) 「いのちを守る都市づくり【アクション編】みんなで備える広域複合災害」、大阪市立大学都市防災研究グループ編(森一彦・加藤司・重松孝昌(編集代表))、大阪公立大学共同出版会、201303

 

【論文・総説】

1) PROLOG言語による空間認知モデルの研究−複合施設におけるケーススタディ、森一彦・高籐芳明・渡邉昭彦、日本建築学会第10回電子計算機利用シンポジウム論文集、pp.247-252、1988

2) 視認物と視認・思考からみた空間探索−複合的な地域公共施設における空間認知に関する研究、渡邉昭彦・森一彦・他2名、日本建築学会地域施設計画研究、vol.7、pp.123-132、1989

3) 手続き知識とイメージマップからみた空間探索−複合的な地域公共施設における空間認知に関する研究、渡邉昭彦・森一彦・他2名、日本建築学会地域施設計画研究、vol.7、pp.133-142、1989

4) 複合施設における認知行動シミュレーションその1−サインの配置と認知行動の関連分析、森一彦・高籐芳明・渡邉昭彦、日本建築学会地域施設計画研究、vol.8、pp.21-26、1990

5) 複合施設における認知行動シミュレーションその2−人間の知識と認知行動の関連分析、森一彦・高籐芳明・渡邉昭彦、日本建築学会地域施設計画研究、vol.8、pp.27-32、1990

6) 探索行動実験の発話に基づく認知(目標,視認,思考)プロセスの分析−建築空間における探索行動の認知心理学的考察、渡邉昭彦・森一彦・他2名、日本建築学会地域施設計画研究、vol.10、pp.13-20、1992

7) サイン情報の情報密度と探索行動のばらつき度の関連分析−建築空間における探索行動の認知心理学的考察その1、渡邉昭彦・森一彦、日本建築学会計画系論文報告集、第437号、pp.77-86、1992

8) 経路探索モデル、渡邉昭彦・森一彦、建築・都市計画のためのモデル分析の手法、第2章、第3節、pp.71〜77、日本建築学会編、井上書院、1992

9) 探索行動における探索方法と空間情報との整合性に関する分析−建築空間における探索行動の認知心理学的考察その2、渡邉昭彦・森一彦、日本建築学会計画系論文報告集、第454号、pp.93-102、1993

10) 案内板・方向板をなくした建築空間における探索行動の「探索場面」に関する分析、渡邉昭彦・森一彦・他2名、日本建築学会地域施設計画研究、vol.12、pp.41-48、1994

11) 案内板・方向板のない情報空間における探索の「場面」の分析と空間評価−建築空間における探索行動の認知心理学的考察その3、渡邉昭彦・森一彦、日本建築学会計画系論文報告集、第478号、pp.121-130、1995

12) 学習情報ネットワーク、渡邉昭彦・森一彦、都市計画者のための地域施設計画、pp.248〜251、日本建築学会編、丸善出版、1995

13) 地域情報ネットワーク、渡邉昭彦・森一彦・吉田茂樹、都市計画者のための地域施設計画、pp.262〜267、日本建築学会編、丸善出版、1995

14) 参加型学習に対応するCG教室、遊佐伸弥・森一彦・他2名、筑波技術短期大学テクノレポート、No.3、pp.75-77、1996

15) デザイン教育のための「コミュニケーション・テーブル」の開発、森一彦・松井智、筑波技術短期大学テクノレポート、No.3、pp.129-131、1996

16) 探索行動からみた情報空間のデザイン−迷い行動と情報空間の相互関連の分析手法−、森一彦、筑波技術短期大学テクノレポート、No.3、pp.175-178、1996

17) 筑波技術短期大学学生の学習行動における障害と情報環境に関する調査−情報障害からみたユニバーサルデザインの研究 その1−、伊藤三千代・森一彦・加藤宏、筑波技術短期大学テクノレポート、No.4、pp.179-182、1997

18) 聴覚障害学生の地震時の行動分析−情報障害者のための情報環境の計画視点−、森一彦・萩田秋雄・今井計、筑波技術短期大学テクノレポート、No.4、pp.183-186、1997

19) 迷い行動の因子と情報空間との関連分析−建築空間における探索行動の認知心理学的考察その4、渡邉昭彦・森一彦、日本建築学会計画系論文報告集、第491号、pp.99-107、1997

20) An Environmental Communication Assistance System (ECAS) for Sensory Impaired People - The Study on Universal Design of Environmental Communication in Stations(情報障害者のための環境情報支援システムの検討−駅における情報環境のユニバーサルデザインに関する研究), Kazuhiko Mori・Hiroshi Katoh・Michiyo Ito, China-Japan-Korea Design Symposium(アジアデザイン会議), pp.679-682, 1998

21) 身体障害者における対処行動と問題点、吉村英祐・森一彦、阪神・淡路大震災調査報告書、第8巻、pp.18-24、日本建築学会編、丸善出版、1999

22) 知覚障害者の探索行動における情報入手と迷いに関する考察、森一彦、日本生理人類学会、Vol.4、No.4、pp.23-26、1999

23) 駅における情報(視覚・聴覚)障害者の迷い行動に関する考察−迷いとブレイクスルー行動、森一彦、日本建築学会地域施設計画研究、pp.285-292、vol.19、2001

24) 痴呆症高齢者の空間認知能力とその評価法、森一彦、日本生理人類学会誌、Vol.6、No.2、pp.17-22、2001

25) 高齢者の散歩環境モデルに関する考察−場所と経路の環境分析、森一彦・奥田夏子、日本建築学会地域施設計画研究、vol.20、pp.195-204、2002

26) 活動プログラムからみたディセンターの施設計画に関する研究−ディルームにおける高齢者の環境行動分析、森一彦・加藤悠介・前田真紀、日本建築学会地域施設計画研究、vol.20、pp.319-324、2002

27) Can man recognize the space by seeing Video information?-The comparison between wayfinding behaviors in Video-environment and Real Environment, Yusuke Nohara Kazuhiko Mori, pp.123-129, EBRA2002, 2002

28) The Study on the Model of Walking Environment for Aged People- The Environmental Analysis of Places and Routes, Kazuhiko Mori, pp.642-648, EBRA2002, 2002

29) 地下鉄駅周辺におけるコインロッカーの利用行動と場所スキーマの関係、河合美保・森一彦・宮野道雄、生活科学研究誌、vol.1、pp.121-135、2002

30) 高齢者の環境適応と地域環境、森一彦、日本生理人類学会誌、Vol.8、No.4、pp.45-52、2003【総説】

31) 特別養護老人ホームにおける「環境診断ー環境処方」に関する実践的研究、「場所ユニット」からみた環境改善計画、森一彦・加藤悠介・足立啓・田中千歳、日本建築学会地域施設計画研究、vol.21、pp.303-308、2003

32) 経路探索における注視地点からみた環境分析、今村顕・森一彦・宮野道雄、pp.117-131、生活科学研究誌vol.2、2003

33) 公園を中心とする高齢者の散歩環境に関するケーススタディ−散歩距離と時間について−、森一彦・宮谷いずみ、日本建築学会地域施設計画研究、vol.22、pp247-252、2004

34) デイサービスセンターにおける場所ユニットからみた高齢者の場所移動分析 加藤悠介・森一彦、日本建築学会計画系論文報告集、第583号、pp.17-22、2004

35) 2つの異なる地域環境における高齢者の散歩行動の比較分析−既成市街地と新興住宅地におけるケーススタディ、森一彦・井上昌子・奥田夏子、日本建築学会計画系論文報告集、第583号、pp.53-59、2004

36) The study on the eye fixation place in a way-finding in the adaptation to nursing home, Satoshi Imamura, Kazuhiko Mori, Michio Miyano, EBRA2004,pp.214-219, 2004

37) The Influence on Place Trip by Environmental Improvement in a Nursing Home, Yusuke Kato, Kazuhiko Mori, Kei Adachi, EBRA2004, pp.348-354, 2004

38) 池のある公園におけるベンチの使われ方に関する研究−着座向きと行為内容との関連、森一彦・西脇智子、日本建築学会計画系論文報告集、第585号、pp.71-77、2004

39) コインロッカーのボックスの占有状況と利用者の選択特性に関する考察−コインロッカーの使われ方に関する研究その1、森一彦・河合美保・宮野道雄、日本建築学会計画系論文報告集、第585号、pp.63-70、2004

40) 探索型ビデオ環境シミュレーションの再現性に関する考察−実環境との探索行動比較実験、森一彦・野原裕介・柴田良一・小池啓高、日本建築学会計画系論文報告集、第586号、pp.57-63、2004

41) 高齢者介護施設の環境改善におけるアクションプロセスに関する研究 – 入居者行動からみた評価・分析方法、森一彦・今井朗・加藤悠介・足立啓、日本建築学会地域施設計画研究、vol.23、pp293-300、2005

42) 迷路的街路の探索における慣れと注視行動に関する研究、森一彦・表尚玄・今村顕・柴田良一、日本建築学会地域施設計画研究、vol.23、pp333-340、2005

43) 建築空間の経路選択を評価するための仮想空間シミュレーションシステムの開発、柴田良一・八田真助、森一彦、今村顕、日本建築学会技術報告集、第22号、pp539-542、2005

44) ぼやけ視と霧視の再現における効果と有効性に関する比較研究—環境シミュレータのための視覚障害の再現実験、今村顕・森一彦・八田真助・宮野道雄、大阪市立大学生活科学研究誌、Vol.4、pp129-138、2005

45) WASSを使った繰り返し経路探索実験における視覚障害の比較研究、森一彦・今村顕・八田真助・宮野道雄、大阪市立大学生活科学研究誌、Vol.4、pp99-109、2005

46) 特別養護老人ホーム環境改修プロセスにおける高齢者の行動変化、森一彦・加藤悠介・今井朗・山崎愛・足立啓、大阪市立大学生活科学研究誌、Vol.4、pp111-128、2005

47) 環境適応における繰り返し経路探索と環境要素に関する研究−注視行動からみた高齢者施設のアンカーポイントに関する考察、今村顕・森一彦・宮野道雄、日本建築学会計画系論文集、第599号、pp65-72、2006

48) 高齢者居住のセッティングカルテに関する研究—生活場面における運営的・社会的・物理的環境の整理、山崎愛・森一彦・加藤悠介、日本建築学会地域施設計画研究、vol.24、pp277-282、2006

49) 介護スタッフの行動変化からみた特別養護老人ホームにおける環境改修の有効性評価、加藤悠介・森一彦・今井朗・山崎愛・足立啓、日本建築学会地域施設計画研究、vol.24、pp289-298、2006

50) アンカーポイントからみた高齢者施設の分かりやすさ評価のための基礎的研究—WASSを用いた健常者と視覚障害者の繰り返し経路探索実験、今村顕・森一彦・八田真助・柴田良一、日本建築学会地域施設計画研究、vol.24、pp49-58、2006

51) こどもと高齢者の交流が発生する場所に関する研究、中村舞・森一彦、日本建築学会地域施設計画研究、vol.24、pp283-288、2006

52) 特別養護老人ホームの環境改善に伴う高齢者の場所移動変化,加藤悠介・今井朗・山崎愛・森一彦・足立啓,生活科学研究誌,Vol.5,pp.85-97,2006

53) 行動観察調査による認知症高齢者の場所の自己選択性に関する評価,加藤悠介・森一彦,日本生理人類学会,vol.12,No2,pp.21-26,2007.3【総説】

54) 高齢者居住のQOL評価法の動向、森一彦・宮野道雄、日本生理人類学会誌、12巻、2号、pp.63-64、2007.05【総説】

55) 高齢者の共同居住における生活行為と支援環境—ケアハウス入居者の生活を事例として、絹川麻理・加藤悠介・三浦研・森一彦、生活科学研究誌、vol. 5、pp115-127、2007.03

56) 特別養護老人ホームの共用空間における寄道発生,加藤悠介・森一彦・足立啓,人間・環境学会誌,Vol. 10,No. 1,pp. 41-48,2007. <人間・環境学会 奨励賞>

57) 高齢者にみられる視覚障害の再現と空間のわかりやすさ評価に関する研究、今村顕・森一彦・柴田良一、日本建築学会計画系論文集、第612号、pp. 49-56、2007

58) 特別養護老人ホームの環境改修が認知症高齢者の行動に及ぼす影響,加藤悠介・今井朗・石川進・森一彦・足立啓、日本認知症ケア学会誌,Vol.6,No.3,pp.486-494,2007

59) 市民による高齢社会の近隣資産づくりーバリアフリーの先にあるもの、森一彦、都市問題研究(特集・バリアフリーとまちづくり)、第59巻、第3号、2007.03【総説】

60) The relationship between elderly daily behavior and spatial structure of unit-care facilities, Qingli Li, Bin Li, Shigeki Matsubara, Kazuhiko Mori, Ken Miura, Toshinobu Oku, the 8th International Symposium for Environmental Behavior Research, 2008

61) 異分野の学生を対象とした環境デザインによる実践教育の効用についてー生活科学部における「中庭パラソルプロジェクト・小さな屋根の下で」の試み、小池志保子・吉田裕亮・森一彦・竹原義二、生活科学研究誌,Vol.7,pp.31-43,2008

62) 繰り返し作業における操作方略の変化と動作特性に関する基礎的研究、西岡基夫、岡田明、宮野道雄、森一彦、山下邦子、中山圭以、生活科学研究誌,Vol.7,pp.45-55,2008

63) 上海における高齢者の居住環境の整備動向と課題、福田真希・森一彦・三浦研・李慶麗・李斌、生活科学研究誌,Vol.7,pp.57-70,2008

64) 高齢者生活を支える住環境・機器と情報支援、森一彦・生田英輔、老年精神医学雑誌、第19巻、第3号、pp.322-330、2008.3【総説】

65) マイクロコンバージョンによる近隣資産づくりー居住者主体の公共機能再構成のための計画技術、日本建築学会研究協議会資料「公共建築の再構成と更新のための計画技術」、森一彦、2008.9【総説】

66) 画像処理による視力低下再現手法の検討—視覚障害レベルに応じた視力低下再現環境の開発 その1、日本建築学会地域施設計画研究論文、vol.27、pp11-16、2009

67) 画像処理を用いた視力低下再現環境の経路探索における有効性の検討—視覚障害レベルに応じた視力低下再現環境の開発 その2、日本建築学会地域施設計画研究論文、vol.27、pp17-24、2009

68) 高齢者の近隣資産づくりのための地域支援に関する研究-自治会・商店街・福祉機関との連携による「近隣資産マップ」活動実践を通して、豊田恵美・森一彦、生活科学研究誌,Vol.8,pp.29-40,2010

69) 台湾における高齢者施設・住宅の基準階の平面分析、森一彦・曽思瑜・櫻井恵理子・福田真希、生活科学研究誌,Vol.8,pp.15-27,2010

70) オランダの高齢者住宅における生活支援機能の考察-高齢者の自立を尊重した環境支援と人的支援について、福田真希・森一彦・豊田恵美、生活科学研究誌,Vol.8,pp.83-100,2010

71) 視力低下再現めがねを用いた経路探索の有効性検討-視覚障害レベルに応じた視力低下再現環境の開発 その3、日本建築学会地域施設計画研究論文、vol.27、pp17-24、2010

72) THE EVALUATION OF ACCESSIBILITY FOR LOW-VISION PERSON BY ENVIRONMENTAL SIMULATION SYSTEM, Kazuhiko Mori, Hideki Sakai, Mayumi Kaida, Proceeding of the 9th international symposium for environment-behavior studies, pp763-767, 201010

73) 認知症ケア環境の質的向上をめざして〜環境づくりの取組から〜、特集「ケア環境における福祉と環境のコラボレーション」、森一彦、地域ケアリング、pp.6-12、vol.13、No.8、2011【総説】

74) 画像処理による視覚能力レベルに応じたロービジョン再現環境に関する研究、森一彦、酒井英樹、戒田真由美、日本建築学会計画系論文集、第76巻、鯛665号、1213−1221、2011年7月

75) ロービジョン者のアクセシビリティにおける視覚的シンボルの効果、井口礼・森一彦・酒井英樹・戒田真由美、日本建築学会地域施設計画研究論文29、pp21-26、2011.07

76) 歯科医院改修における医師・スタッフ・来院者の行動から見たアクションリサーチ、芦田晴香・森一彦・加藤悠介、日本建築学会地域施設計画研究論文29、pp199-205、2011.07

77) 転倒危険因子の抽出に関する研究;高齢者の日常生活中の歩行量と歩行速度に着目して、高橋隆宣・山田冨美雄・森一彦・宮野道雄、生活科学研究誌,Vol.9,pp.33-40,2011

78) ニュータウンに居住する専業主婦の外出頻度および主観的健康感との関係,北川智美・樋口由美・藤堂恵美子・小柏信也・今岡真和・春木敏・上田由喜子・千須和直美・生田英輔・森一彦,四条畷学園リハビリテーション学部紀要,第8号,2012

79) 情報端末を活用した高齢者生活支援 — 泉北ニュータウンにおける取り組み、生田英輔・森一彦、住宅会議84号、2012.02【総説】

80) 泉北ニュータウンにおける福祉コンバージョン・プロジェクト—住民・NPO・大学の協働による空き店舗・空き住戸のコミュニティレストランとコミュニティケアハウスへの転用、森一彦・生田英輔・加藤悠介、日本建築学会地域施設計画研究論文30、pp39-46、2012.07

81) 地域の福祉コンバージョン — 「泉北ほっとけないネットワーク」事業、森一彦、「建築と社会」、(社)日本建築協会発行、pp28-31、2012.10【総説】

82) 歩行環境が虚弱高齢者の歩容に与える効果の研究―加速度、動揺量、歩行速度の分析から―、高橋隆宜・井上健太郎・森一彦・宮野道雄、理学療法科学(理学療法科学学会誌)、27(6)、677-681、2012.12

83) 泉北ニュータウン地域再生における理学療法士の役割,高井逸史・樋口由美・小柏進也・上田哲也・西野健造・西上孔雄・春木敏・生田英輔・千須和直美・新宅賀洋・森一彦,総合リハ41,第5号, pp481-485, 201305

84) 森一彦・松原茂樹・加藤悠介:空き屋・空きビルの福祉転用に関する研究,日本建築学会地域施設計画研究,Vol.31,pp.163-168,201307

85) 加藤悠介・生田英輔・森一彦・田代加奈:高齢者施設における災害時福祉避難所の設置に関する研究,日本建築学会地域施設計画研究,Vol.31,pp.221-226,201307

86) 堺市・泉北ニュータウンの福祉転用と地域コミュニティ,特集・大都市の地域自治のいまー京阪神四市を事例としてⅢ,市政研究,Vol.182,pp.32-42, 2014.

87) 認知症高齢者の新たな住まい方,認知症ケア学会誌,第13巻,第2号,pp.409-41, 201407

88) Life Type in Healthy Elderly Subjects Based on Active Mass, Masaaki SUGIYAMA, Eisuke IKUTA, Kazunobu OKAZAKI, Itsushi TAKAI and Kazuhiko MORI, Proceeding of the 11th International Symposium on Environment-Behavior Research, 201410

89) ニュータウン居住高齢者の生活タイプからみた活動環境の考察 高齢者のロコモティブシンドローム予防に向けた活動環境,杉山正晃・生田英輔・岡崎和伸・高井逸史・森一彦,日本建築学会計画系論文集,Vol.80,No.708,201502.

90) 人口減少社会に向けた福祉転用計画システムの構築,建築人,pp12-13,2015.11.

 

【卒論・修論・博論】

凡例:●卒業論文、○卒業設計、■修士論文、★博士論文

2000年度

●加藤悠介:ディルームにおける場所と移動に関する研究

●前田真紀:ディルームにおける活動プログラムと高齢者の行動に関する研究

●富尾涼子:高齢者の場所のイメージ関する研究ー場所にまつわるエピソード分析

●矢野加代:高齢者による大阪のイメージ調査ー大阪の主な施設より読み取る

●野原裕介:実環境とビデオ環境・CG環境における空間認知の比較実験

○麻野晋:oval circulation ~車の廃止から生まれる何か(住吉杉本地区の改修計画)

2001年度

●井上昌子:泉北地区における高齢者の散歩環境の研究

■奥田夏子:高齢者の散歩環境に関する基礎的研究

2002年度

●大熊由希子:公園を中心とする高齢者の散歩環境に関する研究

●澤野登紀子:万代池公園におけるベンチの使われ方に関する研究

●武田美弥:実写真とCG空間の与える印象の相違に関する研究

○岡本美香:終の棲家(公営集合住宅改修)

■加藤悠介:特別養護老人ホームにおける環境診断・環境処方に関する実践的研究―「場所ユニットからみた環境改善計画」

■今村顕: 探索行動からみた高齢者施設における環境適応に関する研究―アイマークカメラ、およびスケッチマップ法を用いたWASS(Wayfinding Active Simulation System)による再現性実験

■野原裕介:現実環境とWASS(Wayfinding Active Simulation System)環境における空間認知の比較実験

2003年度

●酢田裕子:虚弱高齢者の外出行動に関する研究ー泉北ニュータウンにおけるディサービスの外出行動に関する事例的考察

●表尚玄:密集市街地の経路探索における環境適応に関する研究

●稲垣大志:露天における客同士のコミュニケーションの発生プロセスに関する研究

●今井朗:高齢者介護施設における環境改善に関する研究

■井上昌子:既成市街地とニュータウンにおける高齢者の散歩環境に関する比較分析

2004年度

●山崎愛:高齢者居住施設の環境改善におけるセッティングカルテに関する研究

●草野涼子:住吉区の街区公園における場所の使われ方に関する研究

●津村洋子:高齢者の散歩環境における物的街路要素と心理評価の関連

○中村舞:live & learn ーニュータウンにおける小学校のコミュニティスクールとしての再生

■宮谷いずみ:高齢者の散歩行動からみた環境評価に関する研究

■西脇智子:高齢社会における池のある地区公園の場所計画に関する研究

2005年度

●中井佳織:グループホームにおけるキッチンのレイアウトに関する研究ー調理場面からみた環境行動分析

●横山奈津子:食器の動きからみたグループホームのキッチン計画に関する研究

●横田翔:規模の異なる格子状迷路における探索の戦略に関する研究

■今井朗:アクションプロセスによる高齢者介護施設の環境改善における入居者と介護スタッフの行動変化に関する研究

■表尚玄:都市居住における迷路的ディストリクトの魅力と課題に関する研究

2006年度

●信岡俊也:高齢者支援のための地域内連携における現状と課題ー住吉区我孫子周辺地域におけるケーススタディを通じて

●元山千怜:高齢者の近隣環境に関する研究ー高齢者の場所に関わる意識と行動

○長友愛:ヨリミチ

○中山曜:Living Park

■中村舞:こどもと高齢者の交流が発生する場所に関する研究ー地域に開かれた高齢者施設をめざして

■山崎愛高齢者介護施設における畳スペースに関する研究―アンケート調査とイメージ評価調査に基づくセッティング評価

★アンカーポイントからみた高齢者施設の空間のわかりやすさ評価に関する研究 

2007年度

○植芝由佳:凸凹(小学校の改修計画)

○谷越郁美:lands pout ー 地域を巻き込む、地域と暮らす(地域レストラン)

○まちくるむ病院

★加藤悠介:高齢者施設における居場所づくりに関する環境行動学的研究

<2008年度>

●櫻井恵理子:台湾における高齢者施設・住宅の基準階平面分析

○長本美由紀:壁からの表出(学生寮)

○鉛悠子:+1(高齢者住宅)

○山口翔一郎:森にわ(子供遊び場)

<2009年度>

■豊田恵美:虚弱高齢者の生活行動を支える近隣資産

■中屋昌之:視覚障害レベルに応じたグリッド迷路の分かりやすさ評価―ライン効果による歩行者の空間把握の特徴に着目して

■福田真希:高齢者住宅の動向とコモンスペースの在り方に関する研究―オランダと日本の事例から

●井上和晃:高齢期の住まいの選択における経済的負担と居住レベルに関する研究―日本とオランダの事例分析を通して

●芦田晴香:歯科医院改修におけるアクションリサーチー行動からみた診療空間の評価

●井口礼:視覚障害レベルに応じたグリッド迷路の分かりやすさ評価―シンボル効果による歩行者の空間把握の特徴に着目して

●問覚彩也那:泉北ニュータウンにおける生活行為と場所に関する研究―世代別でみたADL・IADLと日常的な生活行為から月行事・祭式までの行為について

○弦巻雷:メメント・モリー三葉結び目による集合住宅への死生観の嵌込

<2010年度>

●岸本絵美子:病院の診療環境・療養環境におけるホスピタルアートについての研究

●松下文子:高齢者等の日常の食事の場となる地域レストランづくりに関する研究

●辻本将基:視覚能力レベルに応じた経路探索に関する研究

○山根教彦:人が留まる事を許容する駅―既存ストックを活かした自然環境の挿入

<2011年度>

●大崎由加里:コミュニティハウスに関する研究-槙塚台団地改修を通してー

●杉本佳穂:超高齢社会における住民ニーズとまちづくり指標に関する研究

●松村茉莉:地域レストランによる「分かち合い」に空間づくりに関する研究―槙塚台におけるニュータウン再生プロジェクトから

■芦田晴香:医師、スタッフ、来院者の行動から見た診療・待合空間に関する研究-アクションリサーチに基づく歯科医院改修

■井口礼:近隣散歩マップづくりをとおした地域資源発掘と住民意識向上に関する実践的研究―泉北ニュータウン槙塚台校区での取り組み

■弦巻雷:人にやさしい視環境づくりのためのドーム型評価システムVEESの開発―インクルーシブデザイン研究への展開

<2012年度>

●石毛美菜子:住民意識からみた地域共生に関する研究-泉北スタイルのインタビュー調査から

■上田哲也:「施設らしくない」居住環境の設計指針に関する研究

<2013年度>

●紀奈緒:距離と見通しからみた有料老人ホームの共用空間のアクセシビリティに関する評価

●小林亮介:多様な利用を促すテーブルの形状に関する研究

●瀧はるな:有料老人ホームの共用空間における家具の種類と配置に関する研究

●中本祐子:地域コミュニティにおける防災教室の在り方に関する研究

■松村茉莉:地域レストランにおける居合わせに関する研究―泉北ニュータウン槙塚台地区における事例から

■窪田朋恵:がん終末期ケアにおいて自宅環境がもつ働きに関する研究―在宅ホスピスケアを経験した遺族の視点から

■北口有希子:有料老人ホームのコモンスペースにおける色と素材の評価に関する研究―日本とアメリカを比較して

★高橋隆宜:高齢者の歩行における左右動揺に関する研究

<2014年度>

●原山紗璃:利用者タイプからみた行動特性に関する研究 - 有料老人ホーム認知症フロアにおける事前行動観察調査から

●前田航志:小学生が持つ「いのちの教室」のイメージに関する研究

■リュウ ユトウ:入居者の行動内容からみた共用空間の役割に関する研究~有料老人ホームの認知症フロア改修における改修前行動調査から~

■北村悠子(生田研):仮設住宅における生活支援相談員による被災者支援と支援ニーズに関する研究―岩手県、宮城県の東日本大震災被災市町を事例として―

■藤岡 里香(生田研):避難行動及び圏域に基づく高齢者の津波避難リスク評価―大阪市を対象として―

<2015年度>

●籠谷 葵:地域 協議会の活動から見たコミュニティサービスの実態と評価~泉北ほっとけないネットワークの事例より~

●木村帆花:認知症フロア改修における分かりやすさデザインに関する研究

●西面莉沙:住 居専用地域における職住一体型住居について-泉北ニュー タウンを対象として-

●太野垣和也:小中学校の防災教室設置に向けた設計条件の検討

■小林亮介:有料老人ホーム共用空間改修の有効性評価に関する研究—居住者のアクセシビリティに着目して

■細見駿:有料老人ホーム共用空間改修前後における経路探索と空間認知の比較研究—ドーム型評価システムVEESを使って